タグ:古典園芸 ( 266 ) タグの人気記事

富貴蘭 金牡丹 (Ⅰ)

富貴蘭 金牡丹 (Ⅰ) です。

Ⅰと言うのは一番最初に棚入れしたと言うだけで深い意味はありません。
今は1-1、1-2、1-3の3鉢があります。

今年の成長記録と思って写真を撮ってきました。

1-1(親)
a0353447_20464101.jpg

1-2(1番目の子)
a0353447_20465786.jpg

1-3(2番目の子)
a0353447_20471378.jpg


4.5の姿 と比較してみてください。

この親子は毎年のように子をあげていたのですが今年は 1-3 に1本のみでした。
でも 1-2 にもはっきりと縞が出てきましたからまぁいいとしましょうか?


[PR]

by engeikurabu | 2016-12-22 10:37 | 富貴蘭 金牡丹系 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 吟風

今日は成長が早いと言われる "吟風" を4月と現在で比較してみました。

増えがいいと言う割りには葉はあまり増えてないみたいです、しかし子あげは確か
にいいのですぐに株立ちになってくれるようですね。


   左が現在の様子          右が春の様子です。
a0353447_19094415.jpg

a0353447_19095839.jpg

a0353447_19100772.jpg



[PR]

by engeikurabu | 2016-12-18 09:04 | 富貴蘭 吟風 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 錦織

9.18 から3ヶ月たちましたのでもう少し成長していると思っていたのですが、
今回改めて見てもほとんど変わっていません。

a0353447_12464268.jpg

a0353447_12465183.jpg

今年はこれで終わりです。

来年はもう少し紺が乗って落ち着いてくるといいのでが・・・。



[PR]

by engeikurabu | 2016-12-16 14:02 | 富貴蘭 錦織 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 翠宝

5.31 以来の翠宝です。

a0353447_16401496.jpg

あまり変わり映えしないですが、今年の終わりとしての記録です。


a0353447_16402303.jpg

形が良くないので来年はバラバラにしようかと思ったりしないでもないですが、
そんなに増やしても置く場所がないので多分このままになると思います。


a0353447_16403167.jpg

[PR]

by engeikurabu | 2016-12-14 10:37 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 吟風(Ⅰ)

3.22 にアップした吟風(Ⅰ)の総親なんですが、親の墨がきつく葉の裏がほとんど
テカテカ状態なので(気孔がないのではと思うような状態)育ちも悪いし色も良く
ないので日陰で養生してきました。

子たちは親が危ない状態と分かっているのかどうか分かりませんが、子を必死に
あげてきてます。

今回比較していたら右の木の子が急に大きくなっていてビックリしました。

3.22の状態
a0353447_22364426.jpg
12.11の状態
a0353447_22365928.jpg





[PR]

by engeikurabu | 2016-12-12 10:34 | 富貴蘭 吟風 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 福寿丸

今日ではあまり見かけなくなった "福寿丸" です。


a0353447_16063632.jpg


特徴としては、葉幅は狭く小形ですが葉溝のへこみがないというか、平面となって
おり肉厚で葉先まで力があります。


a0353447_16065272.jpg


増殖が良いことからこんな目出度い名前をつけて貰ったのでしょうか?。
付けは月形、泥軸、泥根で紀州産と言われています。

これはほとんど最初からのつきあいで昭和50年頃の棚入れだと思います。


a0353447_16070429.jpg


ほぼ40年間一度も株分けしていませんし、毟りもせずこんなまとまった形になる
のは増殖の良さのなせる技かと思います。



[PR]

by engeikurabu | 2016-12-11 11:45 | 富貴蘭 青 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 月笙 (Ⅱ)

月笙(Ⅱ)です。
これまでⅠとⅢは何度かアップしてきましたが、Ⅱは初めてでした。

a0353447_19175577.jpg

5枚葉程度の入棚でしたが、子どもも来年には外せるように育ち喜んでいたので
すが・・・トホホホ です。


a0353447_19181354.jpg

春先には他の富貴蘭でもこんなことがみられます、陽に当たる側に置いていると
富貴蘭は水を欲しがっているのに寒いからと水を控えていると葉先から枯れあが
ってきたりします。

今回は急に寒くなってきたので水を控えすぎたのが原因ではと思い、今日はたっ
ぷりあげました。

画像ではわかりにくいですが、親子とも白縞が出ています。


a0353447_19183544.jpg


[PR]

by engeikurabu | 2016-12-09 14:12 | 富貴蘭 金牡丹系 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 鞍馬熨斗

やや広い並(大?)型の葉に摘み葉と管葉(熨斗芸)をほとんどの葉に見せる
”鞍馬熨斗” です。付けは月型、泥軸、泥根です。


a0353447_16390757.jpg

これまで紹介した 
宝熨斗、 貴宝青(金司龍) と共に熨斗芸そろい踏みです。

この鞍馬熨斗、最初に書いたように意外と大きくなります。そして葉も広く(熨斗
ですから半分になりますが)なかなか見応えがありますが、増えが良くなく昔から
捜すとなかなか見あたらない品種です。

産地不詳となっていますが、名前からすれば京都で採れたか見つかったんだろうと
思います。

今では年1度植え換え時に見るだけですが、久々に見ていたら付けが変わってきた
ようです。(これくらいでは誰も驚きませんが・・・。)


a0353447_16392200.jpg

もう一鉢はこんな感じです。


a0353447_16413136.jpg

裏側

a0353447_16422466.jpg

もう一鉢あったんですが、即売に出してしまいました。それはどんな変化をして
いるのか若干気になるところです。


[PR]

by engeikurabu | 2016-12-08 10:24 | 富貴蘭 (青・花 他) | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 宝熨斗

羅紗地に立条線をのせた葉に摘み葉や管葉で熨斗という特殊な芸なので、一度見たら
忘れることはない強烈なインパクトをもつ富貴蘭ですが、強烈ゆえに好みが分かれる
木でもあるようです。


a0353447_17204574.jpg

昔からある熨斗芸種はこれと「青宝青」と「鞍馬熨斗」の3種だけで、芸から言えば
この「宝熨斗」がトップだと思います。

最初に買った木を大株にしようと思って育ててきましたか、あまり子出しがよくなくて
そのせいで木と木の間が開いてきてまとまりのない姿になってしまいました。

これでも何度か姿の悪いところを外して修正してきたのですが、もはや修正不可能です。


a0353447_17205829.jpg


[PR]

by engeikurabu | 2016-12-06 10:09 | 富貴蘭 (青・花 他) | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 天玉宝

超大型の豆葉の "天玉宝" です。


a0353447_17001524.jpg


40年以上前に南九州で採取されたそうですが増えがあまりよくないのでベテランの
棚でしかお目にかかれないような富貴蘭でした。

そのまだ充分に普及仕切れてないときに実生が出回るようになり本性のものがどこか
へ隠れてしまったようで、なんか不運な富貴蘭のように思っています。

と、偉そうなことを言ってますが、これらは実生の天玉宝です。



a0353447_17005097.jpg


5.6年前にフラスコから出したばかりの苗を手に入れてやっと見れるようになって来
ました。親の血をひいているのか実生の割りに増えはあまりよくないようです。



a0353447_17010586.jpg


いっそのこと寄せ植えにしてドカンと迫力満点の株立ちにしてやろうかと思ったこと
もありましたが、いつの間にかそんな気力も失せました。


[PR]

by engeikurabu | 2016-12-05 10:44 | 富貴蘭 (青・花 他) | Trackback | Comments(0)