タグ:古典園芸 ( 343 ) タグの人気記事

富貴蘭 甲虫

富貴蘭 "甲虫" です。

泥軸・泥根、豆葉です。付けは一文字のような山型のような・・・。

またまだ若木で本来の姿をお見せできるまで最低でも5・6年は必要かと愚考しますが
昆虫のカブト虫でお茶を濁しているのも何ですのでアップしました。(笑)

申し訳ないですが、本来の姿は他の方のblog等でご確認下さい。

20枚以上葉を重ね見る者すべてをうならせる、そんな風に育てたいと思ってます。

増えは良いと聞いてますので、そちらも期待しています。

a0353447_16380302.jpg

a0353447_16375613.jpg



[PR]

by engeikurabu | 2016-06-28 16:25 | 富貴蘭 青 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭展示会の開催について

三重富貴蘭会展示会の開催ついて

標記展示会の案内をさせていただきます。
ご都合がつきましたらお友達等お誘い合わせの上お越しください。
会場でお目にかかれることを楽しみにしております。
(即売もあります。)
                記  
a0353447_05103939.jpg


[PR]

by engeikurabu | 2016-06-25 08:52 | 富貴蘭 展示会 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 轡虫

富貴蘭 "轡虫" です。

今朝みてたら一本ルビー(?)根が出ていたのでアップです。

入手時は「轡虫」と聞いただけで感動したものですが、今はこんなことでもないと
ゆっくりと見てもらえない可愛そうな富貴蘭です。


a0353447_09245671.jpg


a0353447_09250410.jpg


余談ですが感動の理由を、

この轡虫は旧岡山藩主池田侯爵の棚から昭和17年に発見され、藤井清七元会長に棚割
され、その1株が戦禍を免れ現在に受け継いでいるものです。
                (富貴蘭研究会「富貴蘭辞典」より抜粋)


池田家というのはご存知かと思いますが、伊勢神宮で神宮祭主をつとめられている
厚子さま(天皇のお姉さん)の嫁ぎ先ですから私のような世代の者にとっては格別
の意味を持っているのです。

佳子さまの始めての一般参賀の際には上京したことだし・・。(笑)


[PR]

by engeikurabu | 2016-06-23 16:47 | 富貴蘭 青 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 白鈴

富貴蘭 "白鈴" の花が咲き始めました。

青軸・青根の並葉に可愛い梅弁をつけます。山口県の産だそうです。

私はこの花が大好きで展示会に持って行こうと思っていたのですが、もう咲き出したと
なると当日には終わっているかも知れません。

a0353447_15574877.jpg

a0353447_15575702.jpg

たしか昨年もダメで代わりに隣の島根県産の梅弁を持って行った筈ですが、
今年もそのパターンになりそうです。


[PR]

by engeikurabu | 2016-06-21 15:38 | 富貴蘭 花 | Trackback | Comments(0)

長生蘭 犬丸胡蝶

長生蘭 "犬丸胡蝶" です。

元気に新芽を出していたのですが、1本の子が潰れてしまいました。これは
充分に育ってない秋子から芽を出してきたため、共倒れになったみたいです。

a0353447_09314459.jpg

でも大丈夫、元親から次の子をあげてきました。

a0353447_09315861.jpg

これは別の1鉢、元気に育ってます。



a0353447_09322013.jpg


[PR]

by engeikurabu | 2016-06-20 14:24 | 長生蘭 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 蕾

富貴蘭の蕾がぼちぼちと上がってきました。

せっかくの蕾が上がってきてもアザミウマに悪戯されないようにせっせと殺虫剤を
やらなければなりません。それも大げさなことを言うと1週間に1回くらい。

それくらいしないと虫に "負けてしまう" と思ってます。(笑)

画像は "白鈴" (山口産、青軸、青根、梅弁花 )です。


a0353447_21485051.jpg


次は "花纏" (九州産、白花、三蝶咲き)です。


a0353447_21492670.jpg



ちなみに、畑で "カサブランカ(百合)" を作ってますが、これはアブラムシが
びっしりとつくので もっと頻繁に殺虫剤をやらないと良い花が咲きません。




[PR]

by engeikurabu | 2016-06-18 10:17 | 富貴蘭 花 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 瑞晶

富貴蘭 "瑞晶" です。

古い教科書では
 「瑞晶(ずゐしやう) 葉形並、紅軸にて雪白の覆輪 産地不詳」
とあり何のことかよく分かりません。

田口源夫氏の「富貴蘭」では、三重県久居市篠木重助氏方で変化し明治36年福島氏が
命名。以上が昔の解説。・・・・とあります。

「どこ」の「どなたの棚で」まで分かっていて肝心の「何から変化したのか」が伝わ
ってないという不運な富貴蘭だと思います。

平成24年度名鑑再登場で注目を集めましたが、すぐ終わったような・・。(寂)

付けの紅隈が目印です。軸の汚れの多いのと少ないのがあるようです。ただし、
いくら軸の汚れが多いと言っても付けまで届くことはありません。むしろ汚れが
あるか、青軸に近いかということです。

a0353447_21291901.jpg


a0353447_21294517.jpg


a0353447_21300785.jpg

[PR]

by engeikurabu | 2016-06-17 16:05 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 御旗

富貴蘭 "御旗" です。

御旗とは都羽二重の覆輪種です。
都羽二重から変わったばかりの御旗であれば大型で丈夫ですが、覆輪に固定して
しまうとやや弱くなるように思います。

これは御旗となったのが嬉しくて早い時期に独り立ちにしたものですが、成長が
思わしくありません。

枯れることはないでしょうが、葉持ちが悪くなり寂しい姿になりつつあるので、
やや暗い場所に移して活力剤をあげたりとそれなりに養生してきました。

そんな子が今年は新芽を4本も上げてきたので嬉しくてアップです。

本当は半分欠いてやったら後の成長が違うかも知れませんか、もったいないので
全部育てます。

a0353447_20205243.jpg




a0353447_20210713.jpg

[PR]

by engeikurabu | 2016-06-16 16:06 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 西鶴


富貴蘭 "西鶴" です。

これも西出都覆輪の変化種です。
聞くところによると数カ所で西出都から同じような変化をしたらしく、系統の異
なる西鶴があるそうですが、良く分かりません。

これは10年くらい前に3枚葉の小さな木を求めたのですが、あまりにも小さすぎ
て・・毎年葉1枚を出すのが精一杯な状況がしばらく続きました。

その後木勢がついたのか新芽を4個も上げてきたことがあります。
嬉しくて慌てて植え替えをしたところ、ショックだったのかみんな潰れてしまい(泣)
こっちはもっと大ショックでした。

その後はこつこつと地道に管理して、やっとこんな感じになりました。

ちよっとバランスが悪いのですが、これはどうしようもないです。


a0353447_20030137.jpg


裏面です。
a0353447_20051216.jpg


[PR]

by engeikurabu | 2016-06-15 15:50 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 玉錦 

富貴蘭 "玉錦" です。

西出都覆輪の変化種で、小形姫葉となったもので決め手は付け。これが一文字と
なっていたら玉錦です。

本当はころころとした株立ちにしたいのですが、これも系統があるのか最近は派手
柄になりたがっていて心配です。というのももう一鉢あったのですが、それは玉鶴
になってしまいました。(泣)


a0353447_19472742.jpg



a0353447_19473607.jpg

[PR]

by engeikurabu | 2016-06-14 10:37 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)