タグ:古典園芸 ( 318 ) タグの人気記事

富貴蘭 スーパー青宝

古くからの品種に「青宝」というのがあります。



a0353447_11024394.jpg


これは「獅子王錦」(これを知る人は昭和の人間か?)の中斑ですが固定率が悪く縞と
中斑間をいったりきたりしますが、このあたりは青光墨と青軸羆の関係に似ています。



a0353447_11025847.jpg




最近見つけた「スーパー青宝」です。



a0353447_11151803.jpg



で、何がスーパーなのかと言うと・・・


付けが変わりつつあります。

a0353447_11035397.jpg


葉幅も出て中斑に貫禄が出てきています。(笑)

a0353447_11061454.jpg


このまま固定してくれると面白いのですが・・・・。



[PR]

by engeikurabu | 2017-08-15 11:54 | 富貴蘭 虎・中斑 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 仁摩錦

あれ からほぼ1年、仁摩錦が綺麗になってきました。



a0353447_15461197.jpg



基本白縞ですが、ここに萌黄縞も出ています。御簾影のように・・。


a0353447_15462162.jpg


これだけの親でも1番子は青です(当然孫も)。

このあたりが富貴蘭のおもしろいもしろいところかも・・。




a0353447_15470728.jpg



[PR]

by engeikurabu | 2017-08-13 10:39 | 富貴蘭 縞 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 黒牡丹

今日は初登場 (?) となる黒牡丹です。



a0353447_16022160.jpg



これは15年くらい前になると思いますが、清水寺から飛び降りたつもりで入手したものです。

その後も何度も飛び降りて(笑)、月笙なるものも数鉢入れたこともあり隅っこに置いてけぼり
となっている可哀想な黒牡丹です。


 裏
a0353447_16024686.jpg



今年はなぜか気乗りがしないこともあって無肥料で水だけの栽培となってますが、それが幸い
したのか?、・・・・・なんと縞が出てきました。





a0353447_16045939.jpg



月笙(と言ってもビックリ縞程度の木ですが)を買うということは「時間をお金で・・」という
○○な方法なので、この縞のいとおしいこと・・・(笑)

まだ月笙となるか黒牡丹縞となるか分かりませんが、そんなことどうでもいいです。


だんだんと残り時間が少なくなってきているのできれい事ばかり言ってられませんが、水をやって
いるうちに、たま~にご褒美をいただけるのが本来の趣味の醍醐味かな、と思ってます。





[PR]

by engeikurabu | 2017-08-06 09:41 | 富貴蘭 金牡丹系 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 金牡丹(Ⅰ)

あれ から半年以上、久しぶりの金牡丹(Ⅰ)です。



a0353447_15371856.jpg

a0353447_15380768.jpg


毎日見ているつもりですが、子芽が出たなと思っているうちにすくすく育って。。
こんなに大きくなりました。




a0353447_15373038.jpg



今年はこれ1本だけです。
花が付かない方法があれば教えてほしいです。




縞は今は引っ込んでて見にくいですが、裏からはばっちり見えます。



a0353447_15375026.jpg


[PR]

by engeikurabu | 2017-08-05 10:25 | 富貴蘭 金牡丹系 | Trackback | Comments(0)

長生蘭 大江丸

これは月宮殿として入手した長生蘭です。



a0353447_22505014.jpg


今でもたまに驚くような中斑を見せてくれて、見とれてしまうことがあるのですが
現状は残念ながら大江丸です。



a0353447_22503949.jpg


でもこのプリプリとしたこの姿がなかなか魅力的で、これはこれでヨシかなと思って
います。



こちらは覆輪(大江覆輪)です。



a0353447_22510108.jpg


富貴蘭ばかり見ている人にはこんなものもたまにはいいでしょう!。


[PR]

by engeikurabu | 2017-08-03 10:39 | 長生蘭 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 金牡丹(5)

これは春先にいただいたものですが、どうも妙な菌をつけてしまったようで・・・毎週の
ように殺菌剤をかけて養生していたらなんとか峠を越えたのではと思っている金牡丹です。




a0353447_04572882.jpg



a0353447_05003399.jpg



これまでも2回ほど、葉に極小さな黒点が出来てそれがあれよあれよというまに全体に広
がって枯れて(腐って)しまったことがあります。

そのときは殺菌剤を塗りたくったのに結局ダメだったので、今回もとても心配しました。


まだ心配な部分も覗いていますが峠は越えたものと思っています。




a0353447_04575382.jpg


[PR]

by engeikurabu | 2017-07-26 09:44 | 富貴蘭 金牡丹系 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 建国(136) 33

あの 小さな建国(136)ですが、夏となり他の建国達は根を止めてもまだ頑張ってピンク
の根を見せています。春に見えていた中斑?は消えてしまいましたが秋になれぱまた浮い
てくることと思っています。




a0353447_23094313.jpg


やっと我が家に慣れたのかちょっと葉が伸びてきました。以前にも言ったかも知れませんが
この木に関しては柄よりまず大きくすることが大事で、そちらに専念したいと思っています。




a0353447_23095637.jpg


一番いいのは木の成長と同時に柄もよくなってくれることですが、そんな虫のいいことを
考えているとどこかでガツンとやられそうで・・・。

見れるようになるにはまだ10年ほどかかりそうですね。(フー)





[PR]

by engeikurabu | 2017-07-25 10:04 | 富貴蘭 建国系 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 花摘み

暑くなると同時に一斉に咲き出して、夕方になると辺り一面に甘酸っぱい独特の香りを漂わせていた
富貴蘭の花が終わりました。

近所にも香りのお裾分けは十分できたことだと思っていますが、これから厄介な花摘みをしなければ
なりません。

花摘みというと鄧麗君の 路邊野花不要採 を
思い出してしまいます。
こちらは「浮気しないでね!」ということですが・・・(笑)。



a0353447_20512849.jpg


こんな感じでやっとバケツ2杯ほど摘みましたがまだ半分・・・頑張らなくては・・・・。

我が家程度でもこんな感じなのに、大御所はいったいどうしてるんでしょうか?



[PR]

by engeikurabu | 2017-07-20 10:22 | 富貴蘭 花 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 蒼山

これも新しく入手の 蒼山(そうざん) です。



a0353447_20201401.jpg


先日の緑炎と同じく紺覆輪中斑かと思ってましたが逆の覆輪でした。
長生殿の奄美版といった雰囲気です。

この覆輪部分の色合いが微妙で・・・なんか変化の途中のような・・・・見ていると
これがどういった形で落ち着くのかな?と興味が沸いてきたので分けていただきました。




a0353447_20210920.jpg


覆輪部分に樺色の糸覆輪を出した二重覆輪にならないかな?と・・・・。(笑)


[PR]

by engeikurabu | 2017-07-19 10:09 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 緑炎

先日の展示会で入手しました紺覆輪品種の 「緑炎」 です。




a0353447_05342538.jpg



さてこの「緑炎」、「紺飛流」(伝承と進化の美富貴蘭p45)と同じものと思っていましたが、
どうも少し違うようです。

どこがと言われてもうまく説明出来るだけの知識がないのですが、こちらの方が少しおとなしい?
のではないかと・・。
同じ紺覆輪種の土佐空海と比較しますと全体的に一回り大きく進化したような姿をしています。



a0353447_05343479.jpg


この中斑部分も今後変わりそうな雰囲気があり、将来が楽しみな富貴蘭かと思います。



[PR]

by engeikurabu | 2017-07-16 10:10 | 富貴蘭 虎・中斑 | Trackback | Comments(0)