タグ:伝統園芸 ( 193 ) タグの人気記事

富貴蘭 不知火

今日、次の植え替え候補を探していたら、葉の1部がボッと白くなっている木が
ありました。


a0353447_17263140.jpg

はて何だったか?と名札を見てみると「不知火」とありました。

あまり興味が無かったか何時入手したのか記憶がありませんが、こうして暗い
ところでボッとしているとなるほどぴったりの名だと思いました。

そもそも不知火とは有明海の漁り火の蜃気楼のようなものらしいですが、私流に
解釈すると狐火のようなものかと・・。狐火なら10代の頃に一度だけ見たことが
ありますが、あれはいったい何だったのか。。。。

さて本題に戻りますが、青軸青根のやや大型の木です。

白く出て暗むと書いたサイトがありましたが、青く出てボッと白くはぜてくるよ
うな気がしています。



a0353447_17264623.jpg


白く出ていたらもっと早く気がついているはずだし、その方が神秘的で名前にも
合うように思います。(笑)


[PR]

by engeikurabu | 2017-04-02 10:04 | 富貴蘭 虎・中斑 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 墨流

これは「墨流」芸と言われる縞状に油を流したような光沢のある濃紺の堅条線が
入る(富貴蘭事典より)富貴蘭です。

入手時は「摺墨」と呼ばれるテカテカの木でしたが、そのうちに墨が抜けたり
入ったりでいつものように行方不明状態でしたが、久しぶりに見るとまだ墨は
出ているみたいですがこのままの維持は難しそうなので、バラバラにしてみま
した。


a0353447_16424934.jpg



一見寄せ植えのようですが、これでも一株です。でもちょっと触ると脆く崩れて
それぞれこんな感じです。(軸の長いこと。)


a0353447_16431208.jpg

これを2・3本を一鉢として植え込みました。


a0353447_16455757.jpg

あと、もろもろを集めて1ケースいっぱいにして本日のノルマ終了です。


a0353447_16520888.jpg




[PR]

by engeikurabu | 2017-04-01 18:20 | 富貴蘭 青 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 大八州

数年前から外へ出している 大八州を植え替えました。

長雨に当てたので葉は若干痛みましたが 徒長せずなによりすべての木が子を
あげてきました。



a0353447_16385429.jpg

やや大型で葉先から黄樺色の爪覆輪を見せる本種ですが、たまに深覆輪をみせる
のでつい期待してしまいがちですが、なかなか思うようにはいかないようです。

葉持ちも悪くなかなか見応えのある姿になってくれませんが、大好きな富貴蘭の
一つです。



a0353447_16381766.jpg



[PR]

by engeikurabu | 2017-03-27 10:28 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 西出都覆輪

今日は "西出都覆輪" の植え替えです。

そんなに増やす気もないのですが、いつのまにかこんな集まってました。


a0353447_16234308.jpg


見てのとおりお婆ちゃん木ばかりでなかなか株にならないし、置くところないし
どうしようかなと思ったりしています。



a0353447_16235948.jpg


[PR]

by engeikurabu | 2017-03-26 10:13 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 植替開始(金広錦)

昨日から植え替えを始めました。

いつもは4月に入ってからですが(寒さと花粉のため)倉庫の中に囲を作って
ストーブを炊いて籠もってやってますが、きょうは外でも楽勝でした。


まずは伸びきった "金広錦" からです。
ことしは少しいじめて締まった木を目指そうと思ってます。
(毎年そう思っているんですが・・・・・・・・。)

大株ではしょうがないので思い切ってバラバラにしてみました。


a0353447_19220632.jpg




a0353447_19221969.jpg


2~3年かけて作り直せればと思ってます。



[PR]

by engeikurabu | 2017-03-25 10:38 | 富貴蘭 縞 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 金牡丹縞

今朝一週間ぶりに温室に入ってみたら、なんかカラカラになっていました。どうも
先週の暖かい日に天井をすこし開けて、閉めるのを忘れていたようです。


a0353447_14145721.jpg


今はシワシワも限度状態で可哀想なくらいですが、もうすこしの辛抱と自分に言い
聞かせています。



a0353447_14150746.jpg



[PR]

by engeikurabu | 2017-03-11 14:40 | 富貴蘭 金牡丹系 | Trackback | Comments(0)

錦糸南天

今日は錦糸南天の救出をしました。(笑)

ここへきて8年経ちましたが、一度も植え替えしてないので根が鉢の下まで伸びて
いて引っ張った位ではびくともしないところへ、岩檜葉を一鉢入れたのが失敗で、
あたり一面岩檜葉だらけになり、どこに南天があるか分からないような状態になっ
てしまって・・・・これまで無視してきましたが、これはダメだろうと思い直して
本日作戦の決行です。

ここの数鉢はなんとしても抜けませんのでこのままにしておきます。
奥に茶色の葉が突っ立ってますが、これが岩檜葉です。



a0353447_20182221.jpg


時期的にはもっと暖かくなってからのほうがいいと思いますが、その時期はいろい
ろと忙しいので・・・。



a0353447_20150602.jpg



ヒョロヒョロと徒長しているので春になったら挿し木の穂にでもします。




[PR]

by engeikurabu | 2017-03-06 10:59 | 錦糸南天 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 建国

今日は建国(11)です。
(11というのは入手順の通し番号で深い意味はありません。)

この木は一昔まえに、今で言えばルビー根50%の木が買えるくらいの値で相当
気合いを入れて購入したものです。

本当にあるかないかの縞柄でしたが、がんばりました。(笑)

それの1番子ですが、ピンクのラベルが差してあるので昨年赤根が出ていた鉢
だと思います。(ルビーではありませんので・・・。)



a0353447_14461882.jpg



年末には柄は無かったので水が切れたゆえの神様のイタズラか?中斑ぎみの柄が
見えてます。



a0353447_14463289.jpg


また消えてしまうと証拠がなくなってしまいますから、記録しておきます。



a0353447_15045249.jpg




[PR]

by engeikurabu | 2017-02-27 11:35 | 富貴蘭 建国系 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 吟風 (Ⅱ)

今週に入って暖かい日が続いています。
いつも動きが早い吟風をみていたら柄がチラチラと見えてきたのでアップします。

これは柄のないNo2の1番目の子です。


a0353447_14231775.jpg


これ の真ん中の木です。
年末はなんともなかった筈なんですが、こんな感じで白いものがチラチラ見えて
きました。


a0353447_14232959.jpg


a0353447_14334249.jpg


これの子や孫になればいい柄が出るかもしれませんが、果たして何年かかること
やら・・・。(笑)


[PR]

by engeikurabu | 2017-02-26 15:13 | 富貴蘭 吟風 | Trackback | Comments(0)

カラタチバナ 紫縮緬

はっきり言ってよく分かってないカラタチバナの世界です。

カラタチバナの場合は親が何であるかは関係なく、芸で名前がつくようですから分かりにくい
のですが、先人は判別しやすいように便利な物を考えてくれました。

それが「越後百両金見立鑑」です。

「越後百両金見立鑑」によれば、"葉芸(平葉、薄い多羅葉、岩戸、鳳凰性、・・・)"を縦軸、
"幹色(青木、赤木、紫木、・・・・)"を横軸としてそれぞれ
丸葉、長葉に分けられた攔を埋
める形で名称がつけられています。(確認できてないせいか空欄もありますが、理屈上はすべ
て埋まります。)

葉芸が"麒麟"の場合で説明すると、幹色が青木は青麒麟、赤木は錦麒麟、紫木は紫麒麟・・と
いった感じです。

さて今回は "紫縮緬" です。
もうお分かりと思いますが、葉芸は"縮緬"、幹色は"紫木"となります。

これが親で


a0353447_15500693.jpg


これが子です。



a0353447_15502133.jpg


"紫"という高貴な響きと"縮緬"が好きで、お気に入りの一品です。

これの実生から麒麟芸でも出れば"紫麒麟"となりますが、それはあり得ません。(残念!)


[PR]

by engeikurabu | 2017-02-07 09:17 | カラタチバナ | Trackback | Comments(0)