タグ:伝統園芸 ( 227 ) タグの人気記事

富貴闌 羆(青)

まえ にアップしたありがたい名前をつけた青です。
真相は不明ですが素直な性格なので信用しています。

芯止まりで3本立となっていたので今年は3鉢としました。

その3番目の木です。ちょっと色のついた根が出ていたので記録に残します。



a0353447_20172691.jpg


ちょっといい感じに見えませんか?



a0353447_20173733.jpg


パソコンで見てて発見したのですが、こちらの方が面白いかも。



a0353447_20174796.jpg


こんなもんばかりですが、庶民派の楽しみはこんなささやかなもんですよ。


[PR]

by engeikurabu | 2017-05-28 10:09 | 富貴蘭 建国系 | Trackback | Comments(0)

富貴闌 羆(青)6

これは当地の展示会で求めた羆(青)です。

以前に紹介 したように縞やらなにやら柄らしいものを出すようになりつつあります。

今日はその6番目の子。



a0353447_19510546.jpg


a0353447_19511399.jpg


まだ完全なルビーとはいきませんが、なんか雰囲気がでているのでアップします。




a0353447_19512440.jpg

[PR]

by engeikurabu | 2017-05-27 10:43 | 富貴蘭 建国系 | Trackback | Comments(0)

富貴闌 雪観月

あの 雪観月です。まだ植え替えしてないのでなんですが、子を上げてきたのでアップします。




a0353447_12161885.jpg



a0353447_12235044.jpg



もともと実生ですからもっとバンバンと

子をあげて早く大株立にしたいところです。




a0353447_12235799.jpg


まだ子への縞の継続は不明ですがきっと大丈夫でしょう!


[PR]

by engeikurabu | 2017-05-26 10:17 | 富貴蘭 雪観月 | Trackback | Comments(0)

富貴闌 琥珀殿

琥珀殿ですが、最近になってようやく水をあげて根も出してきましたが、これまでずっと
皺をひいたままで大丈夫か!と心配の種でした。




a0353447_11542717.jpg

根を傷めてしまったのではと思い(ようやくですが)植え替えをしてみました。

葉をパラパラと降るうのではないかという心配もあり慎重に根を出してみるとまったく
傷んでなくて一安心です。


a0353447_11543461.jpg


ではあの元気のなさはいったい何だったのか!?

植え替えると急に元気いっぱいに見えるから不思議です。



a0353447_11544272.jpg








[PR]

by engeikurabu | 2017-05-25 12:35 | 富貴蘭 琥珀殿 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 ルビー根

さて問題です。
これはなんでしょうか?



a0353447_13420728.jpg


奄美っぽい大ぶりの木に切れのいい虎斑です。



a0353447_13422691.jpg



根は綺麗なルビー根です。
2・3年前に入れたんだと思いますが、記憶がありません。??

ラベルは「大河」とありました。



a0353447_13442344.jpg





[PR]

by engeikurabu | 2017-05-23 10:10 | 富貴蘭 虎・中斑 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 鈴虫

鈴虫に例の黒いやつが・・・。
ということでやっと植え替えの順番が回ってきました。



a0353447_13323621.jpg


よくみると水苔の中は芯のみで根はないみたい。



a0353447_13324103.jpg


何か柄のように見えるけど気のせいか??




a0353447_13324694.jpg


[PR]

by engeikurabu | 2017-05-22 09:20 | 富貴蘭 青 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 青峰山

三重県鳥羽市と志摩市の市境に標高336mの青峰山という山があります。この山は低山です
が伊勢湾、遠州灘、熊野灘から見通せるため、古くから沖合を行く廻船の船乗りたちから目
印とされてきました。このため山頂付近にある「正福寺(しょうふくじ)」(高野山真言宗
の仏教寺院。山号 は青峯山)では海の安全を守る仏様を安置し、古くから船の安全祈願を行
ってきました。(以上ウィキペディアより)

私は現役時代船の仕事に携わったことがあり、毎年船長がお札をいただきに出かけていたの
を知ってましたので、三重の「金比羅さん」的なところかなと思っていました。

さて今日はその「青峰山」という名をいただいた富貴蘭です。

泥軸、青根(?)の付け変わり豆葉です。
葉はゴツゴツした感じでややうねったような男性的な富貴蘭です。



a0353447_11255548.jpg



この名前が山に由来するのか、お寺に由来するのか、はたまた広くその地域なのかよく分か
りませんが、とにかくありがたい蘭には違いないだろうと思っています。


「同行蘭風」 さんも紹介されていましたので参考にご覧になって下さい。

特色は付けだと思います。
ちょっと特徴的かなと・・。




a0353447_11260823.jpg



あと、葉先です。



a0353447_11261985.jpg



普通でも右左どちらかが長くてややずれているものではありますが、そのずれ方が大きくて・・・
ここまでくると、これも特徴と言ってもいいのではないかと思います。




a0353447_11262645.jpg





[PR]

by engeikurabu | 2017-05-21 10:31 | 富貴蘭 青 | Trackback | Comments(0)

ギボウシ

あの ギホウシですが、葉が綺麗に展開してきました。



a0353447_18041042.jpg



もうちょっとするとやや疲れてくるので今が1年で一番の見頃だと思います。

旭光?たしかそんな名前だっと思います。



a0353447_18041838.jpg



紺覆輪種、玄人好みかと思います。



a0353447_18042613.jpg



一見同じように見えますが、先ほどと斑が逆になってます。



a0353447_18043472.jpg




[PR]

by engeikurabu | 2017-05-20 10:57 | 山野草 | Trackback | Comments(0)

細辛 

あの時 以来の細辛です。(名は分かりません。)



a0353447_13543663.jpg


今年は管理がうまくいったのか葉を増してきています。
蝶あわせができると もっとかっこよくなるのですが・・・・。




a0353447_13544397.jpg


いろいろ調べてはいるのですがなにしろ細辛の芸は繊細で・・すべて同じように
見えてしまいます。(笑)




[PR]

by engeikurabu | 2017-05-19 10:48 | 細辛 | Trackback | Comments(0)

細辛 六歌仙

昨年入れた あの 六歌仙ですが 元気にしています。



a0353447_13435332.jpg


あまりじっと見ていただくと草だらけがバレて恥ずかしいところですが、これが
年々ひどくなるので困っています。



a0353447_13440146.jpg



[PR]

by engeikurabu | 2017-05-18 09:34 | 細辛 | Trackback | Comments(0)