タグ:伝統園芸 ( 247 ) タグの人気記事

長生蘭 京玉金剛

以前 に紹介しました "京玉金剛" ですが、気に入ったのがあったのでまた入れました。


a0353447_19113082.jpg


これは丸葉で好く出来ていて本来の姿ではないかと思います。これが山草程度の価格で
購入できる訳ですから良い時代になったものだと思います。



a0353447_19113655.jpg


a0353447_19114861.jpg

このように伝統植物を自分の好みに合わせてコレクションするのも面白いと思います。


[PR]
by engeikurabu | 2016-10-04 14:02 | 長生蘭 | Trackback | Comments(0)

万両 宝船錦

前 に掲載しました万両の種を蒔いてみました。

そもそも柄落ちになってしまったものの種ですからそんなに柄が出来るはずもなく、
ご覧のとおりです。(3株ほど柄が出ています。)


a0353447_11360508.jpg


でも昔の人はこんなものを育てて園芸品種にまで育て上げているわけですからなんとか
なるのではないかと思ってます。(笑)



[PR]
by engeikurabu | 2016-10-03 11:30 | 万両 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 銀世界

富貴蘭 "銀世界" です。

立葉にて葉形並、筬少しく詰り襟重ね整ひ附は一文字雪白の切り込み覆輪、伊勢津市に
於いて西出都より出でたるものなり。(東洋蘭と西洋欄より)

古くからある品種ですが、その姿から既に凝っているのか子出しは芳しくありません。
また、芸のあまいものは作っているうちに西出に戻ってしまったりすることがあります。

これは20年くらいは作っていると思いますが、全然増えません。何年か前に"鶴"が出た
のみ。しかし片方に12枚ずつ葉をつけた姿はなかなか見応えがあります。



a0353447_09173948.jpg


a0353447_09174515.jpg

こちらは若い銀世界、増えが悪いというわりには増えました。
鶴も"真鶴"でなく"銀鶴"風になっています。


a0353447_09175185.jpg

a0353447_09181046.jpg




[PR]
by engeikurabu | 2016-09-30 10:59 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

土佐寒蘭 花芽

昨年(今年?)は花がしおれるまでつけていたのでだいぶ木の消耗も大きかったと思う
のですが、けなげに蕾を上げてきてくれました。

まだ株が小さいので咲かせない方が良いことは分かっているのですが、せっかくなので
早めに切り取ることにして咲かせてみようと思ってます。

アップにしてもよく見ないと分からないような状態ですが、赤っぽいのが花芽です。



a0353447_04240443.jpg

こちらはもう少し成長しています。


a0353447_04241355.jpg


これはだいぶ大きくなってきました。



a0353447_04242082.jpg




[PR]
by engeikurabu | 2016-09-29 14:19 | 土佐寒蘭 | Trackback | Comments(0)

松葉蘭

今日ハランの枯れ葉を整理していたら松葉蘭の自然実生を見つけました。



a0353447_12513554.jpg


松葉蘭は50鉢ほどありますが、あると言うだけでお見せできるようなものはありません。
でも作っていると何年かに一度こんなことがあります。



a0353447_12515481.jpg

a0353447_12520290.jpg

これは数年前に臥牛(ガステリア)に出た自然実生です。
水はほとんどやってなくてカラカラの状態なのになぜ芽が出たのか不思議です。


a0353447_12523014.jpg

発見してからは枯れたら大変とせっせと水をやり出して・・・本家の臥牛は溶けてしまい
ましたが、さてどっちが良かったんでしょうか?。(笑)

手前の木は葉先が垂れているので鳳凰柳系かなと思ったりしています。


[PR]
by engeikurabu | 2016-09-27 09:42 | 松葉蘭 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 淡雪

あれ から1月ほどですが展示会が近づいてきたので、手にとってみました。

なかなか良い感じに斑がでてきました。

a0353447_16581815.jpg

a0353447_16582769.jpg

今年は旭昇の斑も復活したことだし、比較として持って行こうかなと思っています。


[PR]
by engeikurabu | 2016-09-26 10:36 | 富貴蘭 虎・中斑 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 宝生殿

今日は本当に古典的な品種 "宝生殿" です。

昔は名古屋近辺でのみ流通している品種とかいうことで、「知る人ぞ知る」的な要素もあり
大事にしていましたが、今はほとんど手に取ることもなくなりました。

今は金牡丹系、建国系と流行の品種だけがもてはやされて こういった品物は見かけなくな
りましたが、どうしてるんでしょうか?

棚の肥やしならまだいいのですが・・・・心配なものの一つです。


特徴は、やや小形の後冴えの黄縞品種です。黄縞といってもやさしい黄色です。

(前はもっと縞がでていたように思いましたが、どうもすねてしまったようです。(笑))



a0353447_16490547.jpg



a0353447_16444964.jpg

が消えた木はご覧のように虎斑状となりますがこれがもう一つの特徴となっています。
この虎斑状の木は作っているとまた縞が復活することがあります。


こちらは虎斑状だけとなっていますがなかなか味があって面白いと思いますが、今はこれ
にルビー根が出るとかもう一つないとダメみたいです。

a0353447_16450701.jpg

今日久しぶりに手にとってじっくり眺めていました。そしてマニアとしてはこのような
木をもっと大切にしなければ・・・・・と思いました。


[PR]
by engeikurabu | 2016-09-25 11:05 | 富貴蘭 縞 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 建国(136) 33

あれ から1月半さほど大きくもなってないしあまり代わり映えしないですが
再度アップします。

本当に小さな木です。鉢が3号ですから想像出来ますね。


a0353447_16251667.jpg

柄は以前は裏から透かすと見えたくらいですが、今は正面からもわかるように
なってきました。


a0353447_16252168.jpg

でも今は柄より大きくすることに専念しなければなりません。

[PR]
by engeikurabu | 2016-09-24 10:21 | 富貴蘭 建国系 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 摩天楼

今日は "摩天楼" です。

本に画像は紹介されていますが、そのストーリーが今ひとつなので不思議に思って
いましたが、どうも実生のようです。

それもただの実生でなく南海雪虎の血が入っているのではないかとか。
となると少々手こずるかも知れません。

a0353447_11333859.jpg


a0353447_11340713.jpg


[PR]
by engeikurabu | 2016-09-23 16:24 | 富貴蘭 虎・中斑 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 室戸錦

昨日は台風16号の来襲で大変でした。

皇帝ダリアが何本も傾いてしまったので起こさなければなりません。
温室も天窓
は閉めたのですが、横は大丈夫だろうと開けたままにしておいたら寒蘭が倒れて
しまって・・・大変。

皆さんのところは大丈夫でしたか?

そんなことで室戸岬つながりでもないですが、今日は "室戸錦" です。

a0353447_15524919.jpg

1・2年前から欲しい欲しいと思っていたのですが、なかなか出回る物でないの
であきらめていたのですが、今回縁あって来てくれました。

軸は限りなく青軸に近く、柄は黄色でなく白でなく・・・気のせいか地色の緑も
やや薄いようで、本当に本やブログで書かれているように優しい雰囲気をもった
富貴蘭だと思います。

a0353447_15532426.jpg

a0353447_15534719.jpg

いまはあまり良い柄ではないのですが(そもそもこの木に関してはいい柄はない
そうですが)よく見ると親に付いている2本の子に希望が持てそうです。

大事に作っていきたいと思ってます。


[PR]
by engeikurabu | 2016-09-21 10:02 | 富貴蘭 縞 | Trackback | Comments(0)