タグ:伝統園芸 ( 210 ) タグの人気記事

富貴闌 千代の寿

富貴闌「千代の寿」が咲き出しました。

(今日は雨降りなので画像が上手く取れません。いつものことですが・・。)



a0353447_10515971.jpg



弁の先に控えめに紅をのせる小花で、小花では他に 白鈴 等ありますが、やはり
これが一番だと思います。

何といっても名前がいいですね。「千代」は千年の意味ですから富貴蘭界もこの名に
あやかって貰いたいもんだと思います。

当初は九州産という触れ込みでデビューしたようですが、実は島根県の産であるお宅の
柿の木にあったのを断って取らせてもらったのだとか・・・・・。

そういえば白鈴は山口と島根の県境で見つかったとか、一番星は島根産とか言われて
ますから、そのようなDNAがあのあたりにはあるのかと・・・。


でもこの大きさで九州産と言われれば誰でも納得してしまいますね!。
龍泉錦と比べてもこの大きさです。



a0353447_10572034.jpg




[PR]

by engeikurabu | 2017-06-25 11:30 | 富貴蘭 花 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 古都の雪

東出都覆輪から芽変わりしたと言われている 古都の雪 です。




a0353447_06362418.jpg


a0353447_06363561.jpg



前にも書きましたが、全国に膨大な数の東出都覆輪があり、100年(200か?)以上前から
栽培されていながらたったの1本の変化というところが不思議です。
(だから貴重な訳ですが・・・・。)



うちにも東出都は売るほどあるので一つぐらい・・・と思って見ていると。。

こんなのがありました。




a0353447_06372612.jpg




a0353447_06373611.jpg



a0353447_06374528.jpg



一過性とは思いますが・・・・・多少夢も見れるかな?と。

なお、これは白皇覆輪です。


[PR]

by engeikurabu | 2017-06-21 10:18 | 富貴蘭 虎・中斑 | Trackback | Comments(0)

展示会のご案内

    三重富貴蘭展示会のご案内



a0353447_04460128.jpg

日 時  
平成29年 7月 1日(土) 午前9:00-午後9:00
平成29年 7月 2日(日) 午前9:00-午後5:00

場 所
鈴鹿ハンター 1Fサブコート(鈴鹿市算所2丁目5-1 
         TEL.059-379-2200(代表)
アクセス 
ここ をクリック



昨年の様子(ベテランが相談に応じています。)

a0353447_04461072.jpg


お友達等お誘い合わせの上、ぜひお越しください。

即売もあります。


[PR]

by engeikurabu | 2017-06-18 08:17 | 富貴蘭 展示会 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 羅因の光

昨年 もこの時期に紹介していますが、今年も先頭切って花を見せてくれそうです。

ボケボケの画像で恐縮です。




a0353447_04025126.jpg




なぜこれだけ時期が異なるのか不思議です、南方の奄美は1月ほど遅いことからすると
やや北部の産かな?・・と思ったり??






a0353447_04023873.jpg






[PR]

by engeikurabu | 2017-06-17 09:52 | 富貴蘭 縞 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 青軸羆

今日は「青軸羆」です。



a0353447_14133085.jpg


青軸、青根の中斑柄で、これが泥根だったらきっと綺麗なルビー根が・・・と思いますが
青光墨系統ですから仕方ありません。




a0353447_14134471.jpg



我々の頃は東出都覆輪か青光墨が入門品でしたが、最近はほとんど見かけなくなりましたが
いったいどこへいってしまったのでしょうか?。

綺麗な中斑です。(昨年のバッタに汁を吸われた後が残念です。)




a0353447_14140193.jpg



狂い葉が出れば「星光殿」、正常葉であれば「青軸羆」となります。


[PR]

by engeikurabu | 2017-06-10 14:40 | 富貴蘭 虎・中斑 | Trackback | Comments(0)

長生蘭 犬丸胡蝶

あれから 1年ぶりの犬丸胡蝶です。




a0353447_04345777.jpg



飴矢種が好きでいろいろ集めましたが、★になるのも多くてぜんぜん増えません。

この犬丸胡蝶は機嫌がいいのか今年は3ケの新芽をあげています。




a0353447_04345004.jpg



本来の栽培方法は芽かきにより1芽に絞って大きく育てることだと思いますがなんか
もったいない気がして・・・・。

紫宸殿なんかはよく青子を出すので見つけ次第芽掻きをして次の新芽を促さないと絶えて
しまいますがウジウジしている間にタイミングを外してしまって・・・そんなことの繰り
返しです。








[PR]

by engeikurabu | 2017-06-10 09:30 | 長生蘭 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 弁慶丸

1年ぶり の弁慶丸です。


a0353447_05401080.jpg


今年は4ケの芽がついたようです。



a0353447_05403782.jpg


a0353447_05404961.jpg


ピンクは昨年の子
a0353447_05410321.jpg


a0353447_05411561.jpg


難しそうな富貴蘭ですが、湿度に気をつけたら機嫌よく育ってくれると思います。

[PR]

by engeikurabu | 2017-06-09 10:24 | 富貴蘭 青 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 雪観月

あの 雪観月の子ですが・・。



a0353447_16472418.jpg


一週間前はこんな感じです。



a0353447_16473134.jpg


それが、今朝は・・・。



a0353447_16473649.jpg


はっきりと縞が確認できました。(嬉)

早く大株にしてみたいもんですが、急ぎは禁物です。

何事もコツコツと確実に育てることが大事です。


[PR]

by engeikurabu | 2017-06-08 10:10 | 富貴蘭 雪観月 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 天仙

あの 天仙ですが、水をあげてたら新芽を見つけたので嬉しくてアップです。




a0353447_15350525.jpg


何気なくぼやっと見ていると根が水苔の表面を抱きかかえるような形をしていることに
気がつきました。




a0353447_15351283.jpg



そう言えばこの 奄美冠白 も水苔を抱きかかえるような、そんな感じがしています。




a0353447_15352102.jpg


以前に
 suzukaさん が書いてみえたのでハッと気がついたしだいですが・・。



(吟風です。)
a0353447_15373437.jpg


いまは奄美実生も淘汰されてきましたが、外れた所謂3流品が山採りとかいう形で流通して
いるように思います。

木の持つ雰囲気とかでなんとなく分かるとは思いますが、根の所作?にも注目すると一層
簡単に見抜けるのではと思った次第で・・・。


PS:見返していたら誤解を与えそうな表現でした。
   天仙は徳之島産の所謂奄美フウランですが実生ではありません。



[PR]

by engeikurabu | 2017-06-07 10:09 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 羆(青)1

あの 羆(青)1 (1というのは最初に入手したという意味でNo1とは違います。)ですが、
天葉になにやら柄らしいものが・・・・。




a0353447_11195360.jpg


これまでも白っぽいものは何度かありますが、透けてきたのは初めて?なので驚いています。

裏からみても確認出来ます。




a0353447_11201725.jpg



反対側も細いながらも中縞が・・・。




a0353447_11203531.jpg


これが次の葉に継続したらしめたもんですが、どうなりますやら?


[PR]

by engeikurabu | 2017-06-05 10:11 | 富貴蘭 建国系 | Trackback | Comments(0)