富貴闌 雪観月

あの 雪観月です。まだ植え替えしてないのでなんですが、子を上げてきたのでアップします。




a0353447_12161885.jpg



a0353447_12235044.jpg



もともと実生ですからもっとバンバンと

子をあげて早く大株立にしたいところです。




a0353447_12235799.jpg


まだ子への縞の継続は不明ですがきっと大丈夫でしょう!


[PR]

# by engeikurabu | 2017-05-26 10:17 | 富貴蘭 雪観月 | Trackback | Comments(0)

富貴闌 琥珀殿

琥珀殿ですが、最近になってようやく水をあげて根も出してきましたが、これまでずっと
皺をひいたままで大丈夫か!と心配の種でした。




a0353447_11542717.jpg

根を傷めてしまったのではと思い(ようやくですが)植え替えをしてみました。

葉をパラパラと降るうのではないかという心配もあり慎重に根を出してみるとまったく
傷んでなくて一安心です。


a0353447_11543461.jpg


ではあの元気のなさはいったい何だったのか!?

植え替えると急に元気いっぱいに見えるから不思議です。



a0353447_11544272.jpg








[PR]

# by engeikurabu | 2017-05-25 12:35 | 富貴蘭 琥珀殿 | Trackback | Comments(0)

寒冷紗の役目は?

我が家には毎日のように黄虎、黒虎、ブチ、まっ黒等5~7匹の野良猫がやってきます。

早朝から縄張りを確認するかのように隅々をチェックするものやら、隙あれば我が家の
猫の餌をくすねようと試みるもの、はたまた猫ハウスに潜り込んで寝ている強者まで・・・。

目が合えば逃げていきますが、すぐ戻ってきて・・・そんな繰り返しです。




a0353447_21132367.jpg



a0353447_21132997.jpg



今朝いつものように温室に入ったら月笙が1鉢見当たりません。
これはやられたか!と一瞬思いましたが、確かに鍵はかかっていたし・・・・。

その時、何かが足元を横切りました。 ウン・・・・???


だんだんと事態が飲み込めて来ました。
状況から想像するとこんな感じのようです。


何かの拍子で温室の屋根に登った野良が、何かの拍子に天窓から落ちてそれが月笙の上に
落ちたようです。

月笙は下の段の隙間にはさまった状態でいたので無事救出しました。

以前、富貴蘭を見ていたら我が家の猫が降ってきたことがあるので驚きはしませんが、
寒冷紗は予期せぬ落下物を受け止める意味でも必要だと痛感した次第です。



以前に降ってきたのはこの子です。

a0353447_21133480.jpg


[PR]

# by engeikurabu | 2017-05-24 11:34 | ちょっと一服 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 ルビー根

さて問題です。
これはなんでしょうか?



a0353447_13420728.jpg


奄美っぽい大ぶりの木に切れのいい虎斑です。



a0353447_13422691.jpg



根は綺麗なルビー根です。
2・3年前に入れたんだと思いますが、記憶がありません。??

ラベルは「大河」とありました。



a0353447_13442344.jpg





[PR]

# by engeikurabu | 2017-05-23 10:10 | 富貴蘭 虎・中斑 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 鈴虫

鈴虫に例の黒いやつが・・・。
ということでやっと植え替えの順番が回ってきました。



a0353447_13323621.jpg


よくみると水苔の中は芯のみで根はないみたい。



a0353447_13324103.jpg


何か柄のように見えるけど気のせいか??




a0353447_13324694.jpg


[PR]

# by engeikurabu | 2017-05-22 09:20 | 富貴蘭 青 | Trackback | Comments(0)