富貴蘭 建国

今日は建国(11)です。
(11というのは入手順の通し番号で深い意味はありません。)

この木は一昔まえに、今で言えばルビー根50%の木が買えるくらいの値で相当
気合いを入れて購入したものです。

本当にあるかないかの縞柄でしたが、がんばりました。(笑)

それの1番子ですが、ピンクのラベルが差してあるので昨年赤根が出ていた鉢
だと思います。(ルビーではありませんので・・・。)



a0353447_14461882.jpg



年末には柄は無かったので水が切れたゆえの神様のイタズラか?中斑ぎみの柄が
見えてます。



a0353447_14463289.jpg


また消えてしまうと証拠がなくなってしまいますから、記録しておきます。



a0353447_15045249.jpg




[PR]
by engeikurabu | 2017-02-27 11:35 | 富貴蘭 建国系 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 吟風 (Ⅱ)

今週に入って暖かい日が続いています。
いつも動きが早い吟風をみていたら柄がチラチラと見えてきたのでアップします。

これは柄のないNo2の1番目の子です。


a0353447_14231775.jpg


これ の真ん中の木です。
年末はなんともなかった筈なんですが、こんな感じで白いものがチラチラ見えて
きました。


a0353447_14232959.jpg


a0353447_14334249.jpg


これの子や孫になればいい柄が出るかもしれませんが、果たして何年かかること
やら・・・。(笑)


[PR]
by engeikurabu | 2017-02-26 15:13 | 富貴蘭 吟風 | Trackback | Comments(0)

皇帝ダリア

暖かくなったので皇帝ダリアの植え付けの準備をしましたが去年 は3/3だった
ようで、半月早い稼働となりました。


a0353447_13461517.jpg



今年は電気ノコギリを新調したので仕事がはかどります。


a0353447_13462695.jpg


a0353447_13463888.jpg

あっという間にこんな感じです。
あとは傷口が乾いたら植え付けます。


最近、なぜかパソコンの辞書機能ができなくなって・・面倒になっているので
見るだけになってます。




[PR]
by engeikurabu | 2017-02-19 14:15 | 皇帝ダリア | Trackback | Comments(0)

花アルトキハ花ニ酔ヒ

「花あるときは 花に酔い 」
「風あるときは 風に酔う 」  
        榊 莫山


雪舞う日は 皿を眺める

冬のシーズンオフは、こんな物を眺めて過ごしてます。



a0353447_21432703.jpg


 
こんなのも



a0353447_21433465.gif



[PR]
by engeikurabu | 2017-02-11 10:37 | その他 | Trackback | Comments(0)

カラタチバナ 紫縮緬

はっきり言ってよく分かってないカラタチバナの世界です。

カラタチバナの場合は親が何であるかは関係なく、芸で名前がつくようですから分かりにくい
のですが、先人は判別しやすいように便利な物を考えてくれました。

それが「越後百両金見立鑑」です。

「越後百両金見立鑑」によれば、"葉芸(平葉、薄い多羅葉、岩戸、鳳凰性、・・・)"を縦軸、
"幹色(青木、赤木、紫木、・・・・)"を横軸としてそれぞれ
丸葉、長葉に分けられた攔を埋
める形で名称がつけられています。(確認できてないせいか空欄もありますが、理屈上はすべ
て埋まります。)

葉芸が"麒麟"の場合で説明すると、幹色が青木は青麒麟、赤木は錦麒麟、紫木は紫麒麟・・と
いった感じです。

さて今回は "紫縮緬" です。
もうお分かりと思いますが、葉芸は"縮緬"、幹色は"紫木"となります。

これが親で


a0353447_15500693.jpg


これが子です。



a0353447_15502133.jpg


"紫"という高貴な響きと"縮緬"が好きで、お気に入りの一品です。

これの実生から麒麟芸でも出れば"紫麒麟"となりますが、それはあり得ません。(残念!)


[PR]
by engeikurabu | 2017-02-07 09:17 | カラタチバナ | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 弥谷寺産縞

まだ寒くて冬眠中ですが、某オークションで "弥谷寺縞" というのを落札しました。
所謂 "朝日殿芸" であまりパッとしないせいか競合者もなく、無事入手することが出来ました。



a0353447_09003912.jpg


ではなぜ入札した(してしまった)かというと、弥谷寺というのはどんなところかなと漠然と
検索していて
 みちくさおじさん山を歩く というブログに行き当たり、弥谷寺(天霧山)に
魅了されてしまったからです。(笑)

これからこの木をみるたびに、この景色が目に浮かぶことになると思います。


a0353447_09053374.jpg


この木を通して小旅行したような心地よい気分になっています。

[PR]
by engeikurabu | 2017-02-05 10:02 | 富貴蘭 縞 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 席飾り

毎日寒い日が続いていて、富貴蘭に対する気持ちも萎えつつありますが、何かネタを
と思って画像を整理していたら滋賀富貴蘭会主催の「みずの森 富貴蘭展」の画像が
ありました。

ここは近いところでもありますので毎年のように出かけていますが、昨年はカメラを
忘れてしまったのでこれはH27年の分です。

みなさんの力の入れようが伝わってくるようで、エネルギーを頂いていますので、
少しお裾分けしたいと思います。


a0353447_06144316.jpg


a0353447_06145100.jpg


a0353447_06145743.jpg


a0353447_06150346.jpg


a0353447_06150935.jpg



[PR]
by engeikurabu | 2017-02-01 10:03 | 富貴蘭 その他 | Trackback | Comments(0)