カテゴリ:ちょっと一服( 5 )

先日、運転中になにげに前を見ると雲がなにやら楽しげに見えます。




a0353447_20382771.jpg



ガチャピンとムックではないですが、どこかで見たキャラが追いかけっこしているような・・・・。(笑)



a0353447_20383239.jpg



皆さんは何に見えますか?


[PR]
by engeikurabu | 2017-09-06 09:34 | ちょっと一服 | Trackback | Comments(0)

はて 真意は?

最近面白いものを見たので紹介します。



前を走る車に何か書いてあります。



a0353447_00203478.jpg



近寄ってみると・・・


a0353447_00204683.jpg


ナニ! 
とっさに操作時は「2m離れよ」なのか「2mは慣れよ」なのかどっち?かと。


注意喚起ですから当然後者はないと思いますが、なぜか「は」の字が「な」でなく「ル」の字
に寄せて書いてある???。


このような・・・世の中を惑わすような書きっぷりが・・・gooです。(笑)



[PR]
by engeikurabu | 2017-07-11 09:30 | ちょっと一服 | Trackback | Comments(0)

寒冷紗の役目は?

我が家には毎日のように黄虎、黒虎、ブチ、まっ黒等5~7匹の野良猫がやってきます。

早朝から縄張りを確認するかのように隅々をチェックするものやら、隙あれば我が家の
猫の餌をくすねようと試みるもの、はたまた猫ハウスに潜り込んで寝ている強者まで・・・。

目が合えば逃げていきますが、すぐ戻ってきて・・・そんな繰り返しです。




a0353447_21132367.jpg



a0353447_21132997.jpg



今朝いつものように温室に入ったら月笙が1鉢見当たりません。
これはやられたか!と一瞬思いましたが、確かに鍵はかかっていたし・・・・。

その時、何かが足元を横切りました。 ウン・・・・???


だんだんと事態が飲み込めて来ました。
状況から想像するとこんな感じのようです。


何かの拍子で温室の屋根に登った野良が、何かの拍子に天窓から落ちてそれが月笙の上に
落ちたようです。

月笙は下の段の隙間にはさまった状態でいたので無事救出しました。

以前、富貴蘭を見ていたら我が家の猫が降ってきたことがあるので驚きはしませんが、
寒冷紗は予期せぬ落下物を受け止める意味でも必要だと痛感した次第です。



以前に降ってきたのはこの子です。

a0353447_21133480.jpg


[PR]
by engeikurabu | 2017-05-24 11:34 | ちょっと一服 | Trackback | Comments(0)

紅塵情歌

今朝、一足早いクリスマスプレゼントが届きました。


a0353447_14105938.jpg

昨日は星座占い最低の日で、実際に面白くない事もありましたがこれで一気に
挽回です。(笑)


今日は週末なのでまた子守歌(?)を紹介します。

"紅塵情歌 " ( Hong Chen Qing Ge ) です。

情歌 (チンガー) なので "ラブソング" です。
「別れてもまだ・・・・・」という内容かな?と思います。

お勧めは "孫露" (Sun Lu) さん 。
イントロもよく聴き入ってしまいますよ。(笑)


[PR]
by engeikurabu | 2016-12-24 20:07 | ちょっと一服 | Trackback | Comments(0)

在心里从此永远有个你

今朝はやけに寒いと思ったらうっすらですが西の山が雪化粧です。

なんでも "3回山が白くなったら下まで降りてくる" とか。
今日で2度目ですからヤバいです。

植物はこれから長い休眠に入るため園芸マニアとしてはネタがなくなって
来ました。

で、今日は私がいつも子守歌変わりにしている曲を紹介したいと思います。
(中国マニアでもありますので、ご了承願います。)

  zài xīn lǐ cóng cǐ yŏng yuǎn yŏu gè nǐ  
 "在心里从此永远有个你"   

「心の中には永遠にあなたがいます」とでも訳すのでしょうか?
なかなかロマンチックな曲です。

いろいろな方の動画がありますが、私は "劉紫玲"(Liu zi ling) さんが
一番だと思ってます。

琵琶(pipa)のイントロの後、为什么( wéi shén me=どうして)と甘い声で
問われると子守歌でなくなってしまいます。(笑) 

歌詞の内容は "安祈爾" のバージョンが参考になるのではと思います。


[PR]
by engeikurabu | 2016-12-15 23:30 | ちょっと一服 | Trackback | Comments(0)