カテゴリ:富貴蘭 花( 14 )

富貴蘭 花纏

花纏の花が大きくなってきました。




a0353447_11193248.jpg


初めて見たときは何としても手に入れなくては・・・と思ったもんです。(笑)

最高傑作ですね。



a0353447_11211206.jpg



a0353447_11212052.jpg



[PR]

by engeikurabu | 2017-06-26 09:30 | 富貴蘭 花 | Trackback | Comments(0)

富貴闌 千代の寿

富貴闌「千代の寿」が咲き出しました。

(今日は雨降りなので画像が上手く取れません。いつものことですが・・。)



a0353447_10515971.jpg



弁の先に控えめに紅をのせる小花で、小花では他に 白鈴 等ありますが、やはり
これが一番だと思います。

何といっても名前がいいですね。「千代」は千年の意味ですから富貴蘭界もこの名に
あやかって貰いたいもんだと思います。

当初は九州産という触れ込みでデビューしたようですが、実は島根県のあるお宅の柿
の木にあったのを断って取らせてもらったのだとか・・・・・。

そういえば白鈴は山口と島根の県境で見つかったとか、一番星は島根産とか言われて
ますから、そのようなDNAがあのあたりにはあるのかと・・・。


でもこの大きさで九州産と言われれば誰でも納得してしまいますね!。
龍泉錦と比べてもこの大きさです。



a0353447_10572034.jpg




[PR]

by engeikurabu | 2017-06-25 11:30 | 富貴蘭 花 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 曼珠沙華(青軸・青根)

富貴蘭 "曼珠沙華(青軸・青根)" です。

7/19に花があがってきたと紹介した木ですが、そろそろ花も終わりだと思いますが、
いっこうに花が開く様子がありません。



a0353447_09551205.jpg


花の姿は曼珠沙華だと思いますが、花が開かなければカテゴリーでは花纏かな?と思って
みたりしてしまいます。

でも、その花纏も木勢がつくと花が開きますから・・・・ウ~ン ややこしい!。


a0353447_09545249.jpg

曼珠沙華は奄美フウラン、花纏は九州の木なので花の時期で区別はできると思います
が、花の解説的には区別がつかなくなります。


[PR]

by engeikurabu | 2016-08-03 14:44 | 富貴蘭 花 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 白鈴?

今日は "天咲" 無名です。

これは現在も日本富貴蘭会の理事を務めておられる静岡の方から「白鈴」という
ことで購入したものです。

家に届いてすぐ軸に泥があることに気づき「白鈴ではない」ことは分かりました。
そこで送り返せばいいものを「千代の寿」かもと余計なことを思ったりして・・。

ともかく花を見てみようと思い・・・今年やっと咲きました。
弁先の紅を期待したのですが、真っ白でした。

似たものとして島根の「一番星」というのがありますが、これより葉の幅が広く
がっちりとしています。


a0353447_15444937.jpg

a0353447_15450296.jpg



[PR]

by engeikurabu | 2016-07-25 15:20 | 富貴蘭 花 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 朱黄

富貴蘭 "朱黄" が咲き始めました。

私の持っている唯一の黄花です。
今咲くということは奄美系と言うことでしょうか?

その前に洋の血も入ってると思いますが、話題と言うことで・・・。

a0353447_19124864.jpg


a0353447_19125940.jpg

[PR]

by engeikurabu | 2016-07-22 14:08 | 富貴蘭 花 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 曼珠沙華

先日紹介した曼珠沙華が満開となりました。


a0353447_13240860.jpg

今日は青軸・青根の曼珠沙華も花をあげてきましたので紹介します。


a0353447_13241770.jpg



a0353447_13243062.jpg

葉姿は同じですが、やはり青軸ということで清楚な感じがします。


[PR]

by engeikurabu | 2016-07-19 10:20 | 富貴蘭 花 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 曼珠沙華

富貴蘭 "曼珠沙華" の花があがってきました。

奄美風蘭の実生だけあって花時期が1ケ月ほど遅れます。
これでは花纏と曼珠沙華を並べて展示することは出来ませんね。



a0353447_15411978.jpg


花かんざしも奄美なんですね。同じようにあがってきました。


a0353447_15412810.jpg


これは今は不完全な花ですが木勢いがつけば・・・・期待してます。


[PR]

by engeikurabu | 2016-07-13 10:32 | 富貴蘭 花 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 花摘み

しばらく暑い日が続いていたのでサボっていたら花がすっかり終わっていました。


a0353447_15115491.jpg



昨日は少しだけ花摘みを行いました。
バケツいっぱいになったところで本日は終了です。


a0353447_15184633.jpg

a0353447_15185807.jpg


これからは手の届かないところばかりなので大変です。

蚊との戦いでもあります。





[PR]

by engeikurabu | 2016-07-10 15:15 | 富貴蘭 花 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 二人静

富貴蘭 "二人静" です。

愛媛県産の花変わりで距が2本出る富貴蘭です。

これまで距が2本でるタイプは双尾龍、双舌花ともってましたが、これらは奄美の
韓国実生(双舌花は?)で、あまり評価はされていません。


左から双尾龍、双舌花

a0353447_20434105.jpg

そんなことからH20年に二人静を入れましたが、国産にもかかわらずお手頃価格で
入手することができました。

a0353447_20480028.jpg

木姿も他のものと良く似ています。

今日見ていたら、距だけでなく花も2つあるものを見つけました。
多分一過性のものでしょうけど面白いので紹介します。


a0353447_20482806.jpg



a0353447_20484680.jpg

[PR]

by engeikurabu | 2016-07-08 11:37 | 富貴蘭 花 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 小野小町

今日は富貴蘭 "小野小町" です。

小さな蕾のままで "花が咲かない" ことから小野小町の俗説に習って名付けられた
ものと思いますが、その蕾が上がってきたのでアップします。

花が咲かないから当然かも知れませんが、六弁花の蕾と比較してもそれは小さく
けして膨らむことなく枯れてしまうという可愛そうな "花" です。



a0353447_22243391.jpg


a0353447_22244874.jpg

ところで、「小野小町」といえばこんな話があります。

私の住んでいる町(市)の北西部、隣県との県境に"鞍掛峠"という峠があります。

この峠の云われは、858年第55代文徳天皇の第一皇子惟喬親王(15歳)が、(絶対
的な勢力を誇る) 右大臣藤原良房を外祖父にもつ第四皇子惟仁親王(9ケ月)との皇
位継承の争いに敗れ、追討を逃れるため逃走し、この峠で馬の鞍を外して休憩を
取ったことから名付けられたと言うことです。

惟喬親王はその後、滋賀県の山奥の小野小町ゆかりの地に隠棲していることから
その関係を調べてみました。

a0353447_11203329.gif
小野小町は後宮として仁明天皇に仕えていた(身分は高くなく13番目の妻か?)
人で、この争いの際は惟喬親王サイドにいたため失脚し、失望の半生を過ごした
ようですが、それでも仁明天皇への忠義から男達の誘いを断り続けたため、いろ
いろな俗説を生んだようです。


今も昔も人間のすることはさして変わらず、権力闘争という大きな渦に巻き込ま
れてしまった小野小町が、失意の半生をどのように過ごしたかと思うと不憫に思
えて仕方ありません。

そして、その名前を貰ったこの富貴蘭がいとおしくなってきました。(笑)

(本当に気の毒なのは9ケ月の赤ちゃんに都を追われた惟喬親王ですが、ここは
固いことは言わずに・・・。)


[PR]

by engeikurabu | 2016-07-06 10:15 | 富貴蘭 花 | Trackback | Comments(0)