カテゴリ:富貴蘭 虎・中斑( 26 )

富貴蘭 土佐空海(錦紺冠)

富貴蘭 "土佐空海" です。

他に鍋の底をたたいたような名もあるようですが、伝統園芸植物として扱うならば
落ち着いた「土佐空海」の名の方が相応しいように思います。

これは何度も見送ってきましたが、今春思い切って入手しました。


a0353447_10043938.jpg


a0353447_10045363.jpg


地元の方曰く、右手を上げて、左手を横にした形が本性の土佐空海だそうです。
なんか広島の原爆の像をイメージしてしまいますね。

写真を撮っていてもラベルに戯れるのがいるので落ち着いてられません。(笑)


a0353447_09493555.jpg


[PR]

by engeikurabu | 2016-07-28 14:54 | 富貴蘭 虎・中斑 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 聖雲閣

富貴蘭 "聖雲閣" です。

ほとんどの富貴蘭の根が止まってしまいましたが、これだけは元気に伸ばしてます。


a0353447_09462942.jpg


a0353447_09464423.jpg

葉はこの程度ですが、なんと言ってもこの根の色が魅力的です。


a0353447_09463792.jpg


[PR]

by engeikurabu | 2016-07-27 10:42 | 富貴蘭 虎・中斑 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 白雲閣

富貴蘭 "白雲閣" です。
島根県産の根の綺麗な富貴蘭です。

「根」と敢えて言う理由は子芽は真っ白にあがったときは綺麗なんですが、木が古くな
ってくるとその柄も曖昧となり、根だけが唯一の褒めどころになってしまうからです。


a0353447_13542408.jpg

そんな山フウランと変わらないような状態だった白雲閣ですが、最近復活 (?) し 子が
覆輪気味になってきました。



a0353447_13503833.jpg

なんとか継続して欲しいと思ってます。


ネットで検索すると綺麗に柄の揃った大株もあるようですから、世の中は広いですね。


[PR]

by engeikurabu | 2016-07-20 13:35 | 富貴蘭 虎・中斑 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 聖雲閣

富貴蘭  "聖雲閣" です。

著名な方々がブログで紹介されているのでそれなりに流通しているものだと思います
が、聖雲錦の幽霊地と言うだけで聖雲錦がどのようなものか良く分かりません。

作り始めてかれこれ5年近くになる訳ですが、未だに根が綺麗という外にはなんの特
徴も見いだせずにいます。

ということで根の伸び出す今の時期が "旬" だと思うので紹介です。

(こんな風にとりあえず押さえておこうというのがあって無駄遣いをしてしまいます。(反省))

a0353447_15242863.jpg


a0353447_15243469.jpg



a0353447_15244117.jpg






[PR]

by engeikurabu | 2016-05-25 13:20 | 富貴蘭 虎・中斑 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 白鳳

富貴蘭 "白鳳" です。

文明(ぶんめい)別名富士根雪、白鳳
葉形並、出芽青く後晴せ白の曙覆輪となる、葉元附けの部分に接近して白虎現はる、
地葉より天葉に至る迄白虎の揃ひたるは往時「富士根の雪」と称して珍重されたる
ものなり、伊豆國より産出したるものなり。
           (「東洋蘭と西洋蘭」石井勇義編(山崎天然氏)より)

a0353447_03571432.jpg

とある白鳳ですが、

「富貴蘭辞典」(掘内一博氏)では「伊勢国」の産と記載されています。
余談ですが、掘内氏は「斑が良く出た株では、付けの辺りも白く抜け「腰斑が出た」
という。この腰斑がよく出た株を、昔は「富士根の雪」と呼び別種扱いした。・・・」
と白虎を腰斑と表現し分かりやすく解説しておられます。

私は伊勢国の支持者(笑)ですが、なぜ産地が変わったのかな?と疑問に思っています。

この白鳳 田口源夫氏(の本)によれば、日陰で作らないと焼けてだんだんと小さく
なっていくので注意が必要とありました。私は腰斑を出そうと頑張ってあぶってまし
たが逆だったんですね。危ない危ない。温故知新ですね。

a0353447_14510852.jpg


もう一鉢

a0353447_14512954.jpg

更にもう一鉢

a0353447_14513699.jpg
どの本にも触れられてないのですが、根も綺麗です。




[PR]

by engeikurabu | 2016-05-24 14:39 | 富貴蘭 虎・中斑 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 奄美虎

昨日に続き "奄美フウラン" です。
これは昨日のとは別のルートで入手したものです。

奄美フウランはその雄大な姿が大きな魅力で、これ一鉢ですごい迫力となってます。

これも10年以上は経っていると思いますが、もともと増えもよく1本からすぐに
こんなふうに成りました。


a0353447_15310010.jpg

根は泥根です。
a0353447_15310722.jpg


芸は紺の濃淡による細かい虎斑でよく見ないと分からないようなものですが、分かりま
すか?。

ススキの虎斑にタカノハススキというのがありますが、そんな柄の地味版かなと思って
ます。(絶対違うだろうな・・。) 余談ですが、ススキは窒素が多いと柄が消えるので
これも無肥料にすれば柄がもっと明瞭となるかも・・・。(これも違うだろうな。)

柄は残念ながら天葉にしか認められません。(まさかバイラスじゃないよね!。)
a0353447_15312628.jpg


[PR]

by engeikurabu | 2016-05-19 10:24 | 富貴蘭 虎・中斑 | Trackback | Comments(0)