カテゴリ:富貴蘭 覆輪( 25 )

「天仙」 は早起き

前回 と葉姿はなんら変わりませんが、さすが奄美(徳之島産)、一番で根が動いて来
ました。


a0353447_17061902.jpg



と言っても吟風はずっと根が動いていますが・・・・それは別として。



a0353447_17062901.jpg


実は春になったら植え替えして一度根の様子を見ておかないと・・・と思っていたので
すが、あいにく冬だったのでそのままにしておいて、まだ苔が綺麗なので後でと思った
のがいけなかったみたい。

このまま水やりをします。


[PR]

by engeikurabu | 2017-04-11 11:43 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 大八州

数年前から外へ出している 大八州を植え替えました。

長雨に当てたので葉は若干痛みましたが 徒長せずなによりすべての木が子を
あげてきました。



a0353447_16385429.jpg

やや大型で葉先から黄樺色の爪覆輪を見せる本種ですが、たまに深覆輪をみせる
のでつい期待してしまいがちですが、なかなか思うようにはいかないようです。

葉持ちも悪くなかなか見応えのある姿になってくれませんが、大好きな富貴蘭の
一つです。



a0353447_16381766.jpg



[PR]

by engeikurabu | 2017-03-27 10:28 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 西出都覆輪

今日は "西出都覆輪" の植え替えです。

そんなに増やす気もないのですが、いつのまにかこんな集まってました。


a0353447_16234308.jpg


見てのとおりお婆ちゃん木ばかりでなかなか株にならないし、置くところないし
どうしようかなと思ったりしています。



a0353447_16235948.jpg


[PR]

by engeikurabu | 2017-03-26 10:13 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 御城覆輪 天恵覆輪

しばらく冬眠ですから、昨年の撮りだめからのアップです。
富貴蘭を栽培している方ならみなさんお持ちの "御城覆輪、天恵覆輪" です。


(手前が天恵覆輪、奥が御城覆輪です。)

a0353447_06535277.jpg


a0353447_06540494.jpg

特徴等は ここ(三重富貴蘭会) に詳細がありますのでご覧下さい。

覆輪の種類(質)は西出都覆輪とは異なるので変化はまず期待できません。

たまに縞が出る事がありますが、覆輪に戻ったり幽霊になって★になったりで
覆輪芸としては安定しています。

ここに面白そうな中斑がありますが、さてどうなりますか?。



a0353447_06541314.jpg


[PR]

by engeikurabu | 2017-01-07 10:47 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 奄美冠白

あれ から5ヶ月ほど立ちましたが、あまり変わり映えしない "奄美冠白" です。

奄美の西出芸というだけであまり特色もないし・・と思ってましたが年数を重ねて
くるとだんだん深覆輪になり、最近はなかなか綺麗だと思うようになりました。

子吹きはいいので今年は孫も出て5本立ちとなりましたが、なかなか木が大きくな
りません。

1本立ちにして子を出さなければある程度大きくなると思いますが、どうすれば
いいのか良く分かりません。



a0353447_20062336.jpg

a0353447_20065018.jpg



[PR]

by engeikurabu | 2016-12-25 11:01 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 翠宝

5.31 以来の翠宝です。

a0353447_16401496.jpg

あまり変わり映えしないですが、今年の終わりとしての記録です。


a0353447_16402303.jpg

形が良くないので来年はバラバラにしようかと思ったりしないでもないですが、
そんなに増やしても置く場所がないので多分このままになると思います。


a0353447_16403167.jpg

[PR]

by engeikurabu | 2016-12-14 10:37 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 富貴殿

言い名前をつけて貰ったものです。
名前の通り富貴蘭を代表する "富貴殿" です。

萬延年間(1860-61)豊後国(大分県)日在田の植木屋良二郎の山採りで当時は
「王覆輪」又は「皇覆輪」と呼んだが、昭和5年東京富貴蘭会において「富貴殿」
と改名された。と古い本にあります。

名前からして採取当時から高い評価がされていたことが想像できます。


a0353447_15432668.jpg

特徴は中型の姫葉、乳白色深覆輪で、天冴えであることが満月との区別方法となって
います。

素立ちの5枚葉でやってきて10年程かと思いますが、若木であったため、幽霊の子
ばかり出していましたが、最近紺も乗るようになってきました。


表ばかり子が出て裏は絶壁となっています。(泣)

a0353447_15434533.jpg

一昔前なら株分をして増やすところですが、いまさら増やしても後が大変なので
このままで行こうと思ってます。


[PR]

by engeikurabu | 2016-12-04 16:29 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 西出都変わり  

ことし始めて手にした "西出都変わり" です。



a0353447_16484606.jpg


小形になった大株となると面白いと思いますが、親不孝な子ばかりでいつののにか
忘れられた存在に・・・・・。



a0353447_16485291.jpg


よく見ないと分からないと思いますが、小形の部分が総親で他はすべて子や孫にな
りますがすべて西出に戻ってます。(泣)



a0353447_16485775.jpg


来年はバラバラにしてもう一度一から作り直そうと思ってます。


[PR]

by engeikurabu | 2016-11-03 17:40 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 天仙

平成2年徳之島で採取された(木から覆輪になった) 「天仙」 です。

採取時の画像はよくアップされているので皆さんご存知と思いますが、源平柄の芯止まりの
1本立ち?で、先人が苦労して育てられたようです。

親の縞木は「酔仙錦」と命名され現在は天仙より数が少ないそうで、こちらのマニアもいる
とか聞きました。覆輪は当初違う名前だったようですが「天仙」に改名されたそうです。


平成20年度登録でまだまだと思っていたのですが・・・手を出してしまいました。(笑)



a0353447_22252367.jpg

斑の色は乳白色(作により黄色にも)、葉幅は中程度で長く以外と大きくなるようです。



a0353447_05323704.jpg





[PR]

by engeikurabu | 2016-10-30 10:10 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

富貴蘭 奄美無名

今日水やりをしてて見つけました。

もともとも奄美風蘭ということで "棚の賑わい" 程度で入れたものなのですが、
なんか斑が出てきたみたいです。

a0353447_05460329.jpg

それも西出風の蹴込み覆輪?のようです。

そういえば親の葉の根元の摘まみも他のものより多いような・・・・。



a0353447_05461493.jpg


もう少し斑が深く入ってアントシアニンが出て紅水晶のようにならないかな
と思ったり・・・・(笑)。


[PR]

by engeikurabu | 2016-10-16 10:38 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)