カラタチバナ 松平孔雀

今日はカラタチバナ "松平孔雀" です。


a0353447_11211630.jpg

この松平孔雀は、昭和53年頃出雲地方で作出されたもので、松平斑(元和元年信州松本より
上田城主に転封された松平忠昌公が持参したカラタチバナに由来する)を浮かべ、葉の形
は孔雀の尾羽に似ていることから命名されたそうです。

柄の良く出たものを "松平孔雀"、そうでないものを "大和孔雀" と呼ぶ、と私は覚えま
したが、"孔雀大和"というものもあり・・・よく分かりません。

実は白実と赤実があります。


a0353447_11231037.jpg

実生するとこんな形の葉をしたものが出たりとなかなか面白い品種です。


a0353447_11232162.jpg


芽出し時はこんな感じ。



a0353447_11233125.jpg



[PR]
トラックバックURL : http://kimamanaeg.exblog.jp/tb/23567235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by engeikurabu | 2017-01-23 10:22 | カラタチバナ | Trackback | Comments(0)