富貴蘭 白鳳

"5月" 以来の登場です。

白鳳は好きなものの一つで入手経路の異なるものが3鉢あります。


a0353447_22541589.jpg

a0353447_22542252.jpg

a0353447_22545270.jpg

しかし、残念なことにどれも"腰斑"をのせておらず、その点がやや不満でした。

今回、出かけた先で腰斑のある木を見かけたので譲っていただきました。

上手く撮れてないので伝わるかどうか分かりませんが、昔よく見かけた白鳳はこんな感じの木
でした。補足すればもう少し(ひとまわりくらい)大きかったような気がしています。

それを思うと今の木は細く株立ちが多く、実生かなと思ってしまいます。
(これを本気で実生するほどの奇特な方はいないとは思いますが・・・。)


a0353447_19365797.jpg

a0353447_19370498.jpg

a0353447_19371367.jpg

この腰斑、炙りによるものか系統的なものかよく分かりません。

いずれにしても大切に保存して次の世代に伝えたい一品だと思っていますが、さて受けてくれるか。。。


[PR]
トラックバックURL : http://kimamanaeg.exblog.jp/tb/23362004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by engeikurabu | 2016-11-19 10:31 | 富貴蘭 虎・中斑 | Trackback | Comments(0)