富貴蘭 天仙

平成2年徳之島で採取された(木から覆輪になった) 「天仙」 です。

採取時の画像はよくアップされているので皆さんご存知と思いますが、源平柄の芯止まりの
1本立ち?で、先人が苦労して育てられたようです。

親の縞木は「酔仙錦」と命名され現在は天仙より数が少ないそうで、こちらのマニアもいる
とか聞きました。覆輪は当初違う名前だったようですが「天仙」に改名されたそうです。


平成20年度登録でまだまだと思っていたのですが・・・手を出してしまいました。(笑)



a0353447_22252367.jpg

斑の色は乳白色(作により黄色にも)、葉幅は中程度で長く以外と大きくなるようです。



a0353447_05323704.jpg





[PR]

by engeikurabu | 2016-10-30 10:10 | 富貴蘭 覆輪 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kimamanaeg.exblog.jp/tb/23317544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。