温室 照度

温室の遮光については悩ましいものがあります。
今回の園芸JAPANで各地のお棚の様子が紹介されてましたので考察してみる
ことにしました。

私の温室は、当初は屋根の上に張った銀色の寒冷紗のみでした。これは遮光云々
より虫除けの意味で温室屋さんがアルミ蒸着を選んでくれたものです。しかし、
これではさすがに明るすぎて葉は短くなるし(これはこれで結構なんですが)、
これまで日陰で軟弱に育ってきたもの達は葉先から黄ばんで枯れてくるという状
態になりました。

それでもスパルタ方式で捨て置けば、5年も我慢すれば葉が入れ替わって見れる
ようになると思いますが、私には可愛そうでできませんでした。

そこで内側へ黒の寒冷紗を1枚追加してみたら、今度は暗すぎて徒長気味になる
といった状態に・・・、今は銀の遮光率の一番低いのを使ってますが果たしてこ
れでいいものかとずっと不安を感じてました。

そういえば簡易型の照度計があった筈と思い出し(遅)、計って見ました。


a0353447_20393501.jpg
電池も替えてないし数値の信頼度は分かりませんが、比較はできます。
屋外が1,100✕10Lx、 温室内が700✕10Lx

約△36%で案外いい線行ってるのでは。。。と安心しました。

ちなみに眩しさを感じるテラスの下はこんな感じで、これでは明るすぎます。


a0353447_20444997.jpg



[PR]

by engeikurabu | 2016-05-17 10:22 | 富貴蘭 その他 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kimamanaeg.exblog.jp/tb/22812832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。