富貴蘭 吟 風 "Ⅰ"

暖かくなったのはありがたいのですが 花粉症を患ってしまったので 本当に少しずつ
少しずつと植え替えをしています

まずは根が動くのが早い奄美からと思って"吟風"を植え替えました

この木はH21年に我が家にやってきました 当時から2本の子付きでちょうどこんな
感じでした 子が一人前になったところで独立させたところ すぐまた次の子をあげて
きて 元と同じような姿になってます
親は葉の裏面全体がテカテカするくらいのベタ墨で そのせいか葉持ちは良くありませ
ん 子供が親を養っている感じです


a0353447_19210367.jpg

独立した2番目の子が後冴えながら縞を出してきて そこから待望の縞木が出てきま
した (残念ながら親の縞は終わってしまいました)

a0353447_19241221.jpg

親木から孫木までの変化を数年で見れて・・・奄美はそういった意味でも魅力が
あります (墨が消えたので親(裏側の木(上の画像))より一回り大きくなってます)

a0353447_19273233.jpg





[PR]
トラックバックURL : http://kimamanaeg.exblog.jp/tb/22629076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by engeikurabu | 2016-03-22 19:48 | 富貴蘭 吟風 | Trackback | Comments(0)